飾るより、まず「整理整頓」

更新日:2021年8月11日

雑誌やSNSで見る素敵なインテリアに憧れることありませんか?

うちもあんな素敵な空間にしたいと思って誰と同じ家具やアイテムを買ったことがある方も多いはず。

それで素敵な空間を手に入れたはずが、「あれ、なんか違う・・・」と思ったこと、ありませんか?

同じようにやっているはずなのに何か違う、そんな時は、素敵な空間を作る上での大切なステップを見逃しているかもしれません!


飾るより整理整頓をオススメする5つの理由



インテリアで大切なのは、飾ることよりも、まず「整理整頓」です。

インテリア業界で尊敬する方が取材記事で熱く語っていらして、すっかり共感しました笑 その方はお人柄にもご自宅にもセンスが詰まっていて、お家は決してミニマルなインテリアではないのだけれど、でもごちゃついていなくて、むしろ整っているんです。 それは整理整頓された上に成り立っているからなんだなあと、勉強になりました。



整理整頓がまず最初。その理由をご紹介します。


1. 滞りを無くして、空気を流すため


家の中で滞っている場所があると、家全体に関わってきます。滞っている場所って? 使っていない部屋や場所、ものが溢れかえっている棚の中、ずっと放置されているものがある部屋の隅、それらは空気が流れていないスペースです。


まずはそこのものを出して、一度空気を入れ替えてみましょう。

空気が回り出すと、運気も上がってきますよ。

2. 生活感を見直すのが先だから

家のインテリアを変えたいなと思う方がよくおっしゃるのが、「生活感が出ていてなんとなく落ち着かない」ということ。

生活感と呼ばれるものは、すなわち生活に必要なものなので、隠してしまう必要はありません。それでも収め方、見せ方を工夫するだけでぐんと変わってきます。

見直すべきは生活に必要なアイテムが使いやすい場所に収まっているかどうか


場所が決まっていないからこそ、ごちゃごちゃと表に出てきている場合があります。定住地がないものは、スペースを作ってあげましょう。



3. 無駄を省くことで生まれる余裕がある

飾ることやアイテムを足すだけでは、素敵なインテリアは完成しません。

持ち物を厳選し手から、必要なものを足すのです。


そのためには、まず無駄を減らすことで見えてくることがあるはずです。自分にとって必要なものは何か、そして不要なものに囲まれていないか今一度見直す必要があります。


「これを買えば部屋がスッキリ!」というセールストークにはご注意ください。その収納アイテムはあなたの持ち物を増やすことに加担する無駄なものかもしれません。

ものを増やさないことで生まれるのは、経済的な余裕です。

ついつい買うことで生じる、スペースの無駄にもぜひ目を向けてみましょう。その分が開くことで、空間的な余裕も生まれます。





4. 精神的な安定に必要なのは「もの」ではない

部屋が散らかっていると、脳に悪影響を与え、イライラすることも多くなります。また、視覚的にもたくさんのものを一度に目にすることで脳がストレスを感じるそうです。

ということで、精神的な安定に必要なのは何かものを増やすことではなく、視覚的にも精神的にも整理整頓ということ。部屋がスッキリすることで充実感や開放感も生まれます。ストレスからも、お掃除からも解放されましょう。

5. 新しいものを入れるには古いものを出すことが必要

それでもやっぱり素敵なものは欲しくなる(笑)そういう場合は、買う前に古いものを出すことを心がけてみてください。

スペースには限りがあります。新しいものを入れるには、古いものを出す必要があるのです。

私は欲しいなと思うものがあったならば、それを買うことを目標に、今持っているものの見直しします。目標ができるといつも以上に頑張れるものです、笑。


ーーーーー


いかがでしたでしょうか?


素敵なインテリアを作る前に、まずは引き算して引き算して、最後に足す感じ、意識してみましょう。

皆さまの家時間がより楽しく、豊かなものになりますように。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示