出産準備に追加したい「赤ちゃんのいる部屋作り」

更新日:2021年7月20日

妊娠を控えたプレママさん達、赤ちゃんを迎える準備は進んでいますか?

出産前に揃えたいベビーグッズの一覧表なるものがありますが、それらを揃える段階で、ぜひ一緒にしたいのが「赤ちゃんのためのスペースと収納を見直すこと」。 事前に整えてスッキリ綺麗な部屋で赤ちゃんを迎えましょう♪



「赤ちゃんのいる部屋作り」子供が産まれる前に見直したいワケとは?

  1. 産後は忙しく赤ちゃんにつきっきりになり、そしてあっという間に歩き出すから

出産後すぐは頻回な授乳とおむつ替えで1日があっという間に終わり、自分の時間や家事の時間を作るのもままなりません。またママは産後、想像以上にダメージを受けているので体も疲れやすく、片付けの時間を作るのも難しくなるかと思います。(むしろそんな時間があったら昼寝でもして休んでいただきたい!)



新生児期をすぎると少しづつまとまった時間が取れるようになり、今度こそ片付けを?と思いきや・・・あっという間にベビーは寝返りをうち、ずり這いをはじめ、今度は家中を散策。

ご想像いただけますでしょうか。

産後はあっという間に過ぎていき、子育ては暫くノンストップです。子育ては喜びや楽しいことがたくさん、そしてそれと同時に新しい家族のものも増えていくのです。だからこそ、出産前に収納や部屋作りから準備をしておくことをお勧めします。



2. 掃除しやすくしておくことで清潔な部屋を保てるから

ハウスダストやダニやカビなどのアレルゲンから繊細な赤ちゃんを守りたい。

そのためには家の中を掃除しやすくすることが大切です。

床にものが置きっぱなしになっていたり、取り出しにくくなっていると掃除の頻度が減り、そこがアレルゲンの温床に。

早いうちに家の中を整理して、掃除が行き届いた部屋で赤ちゃんを迎えましょう。

3. どんな部屋を作るか考えることで、ベビー用品の購入時にも役に立つから

赤ちゃんを迎える部屋作りに取り掛かるのに、まず大切なのは「どんな部屋を作るか」。

プランニングをしておくことで、何を購入すべきかあらかじめ指針を作っておくことができます。


ベビー用品は種類も多く、またデザインもさまざま。良さそうとなんとなく買い足して行くと、ものはどんどん増える一方です。事前に方向性を決めておきましょう。



4. 今から取り組むことで家族のスペースも片付くから

いざ赤ちゃんのために整理収納に取り掛かろうと思っても、ほとんどのお宅では今過ごしている部屋でスペースを空けることからではないでしょうか。 赤ちゃんグッズのためにスペースを空けたら、ではもともと入っていたものはどこに・・・?

スペースを空けるためには現状そこにしまっているものを見直し、いるものといらないものに分けて、いるものを別の場所へ移動・・・と付帯作業が増えてきます。

時間がある今こそ余裕を持って見直しを進めれば、赤ちゃんが過ごすスペースだけでなく、大人のスペースも片付きます。


産後はリビングで赤ちゃんと一緒に過ごす時間が増えるはず。余裕を持ってリビング周りの片付けを終わらせたら、産後も気分良くお過ごしいただけると思います。

5. よりスムーズに日常復帰をするため 赤ちゃんスペースは日常を過ごす普段のスペースに作る方が多いです。退院後あたふたする中で、「あれ、どこいった?」は避けたいもの。


生まれてから慌ててスペースを作るのでなく、事前に準備しておくことで、産後も赤ちゃんとじっくり向き合いながら、より早く日常に復帰できます。

いかがでしたでしょうか?

子育ては、日々新しいことの連続の毎日です。日々バタバタしていても、ホームベースはいつでもくつろげる状態にしておくことで、子育てに余裕を持てるのがいいですね。



1人じゃできない、何からして良いのか分からない!という方はぜひTidyupにお越しくださいね。






閲覧数:254回0件のコメント

最新記事

すべて表示