【マイナススタートこそ、チャンスです】

私は時々寝落ちします。お風呂も入らずメイクも取らずにPCを抱えたままソファで寝てしまうのですが、夜中に夫に起こされるか、朝ソファで起きた時の気分の悪いこと。



(最近はこのパターンに陥ることを予め想定して、食後すぐ歯を磨くようにしています。そんなことできるならこの時にメイクくらい落とせば?と今気づきました)

翌朝鏡をみて、私の顔やばい!と驚き、次にキッチンに行き「ぎゃー何も終わっていない!」とシンクに出たままの食器でさらにテンション下がります。

1日の始まりから憂鬱なスタートなのですが、最近はこんな日こそがチャンスと思えるようになりました。

< マイナススタートの日こそチャンス?>

ピンチはチャンスと言いますよね?これをマイナススタートはチャンスに言い換えます。

家事が終わってないー!タスクが多い!と思った時こそ、チャンス。

あと何時間でこれとこれは終わらせてやると心を燃やすのです。


そんなことやるの、あなたが変わってるからでしょと思った方!

いいえ!!

マイナススタートだからこそ、上げやすいのです笑




と、憂鬱な朝でなくても、今回は家事時間のヒントになればなお話です。


<限られた時間で何ができるかを考えてみよう>


目の前には前の日からの残りものを含めたくさんのタスクがある。気持ちはざわつきますが、しかし全部完璧に終わらせる必要はありません。


時間内でできることを考えてやってみるだけ。




一見マイナススタートなことも、家事の後片付け系はやるのみですし、取り掛かればすぐに進められるものがあるはず。


<やることが多すぎて何をしたらいいのかかわからない時>


タスクが多いと何をしたら良いのかわからなくなりませんか?

そんな時こそ、今やりたいことを書き出してみましょう。

<ある朝のマイタスク>

食器洗い(昨夜の&今朝の)

犬のスープを作る

人の朝ごはんを作る

掃除機をかける

洗濯をする

洗濯物を畳む

シャワーに入る(そして風呂掃除)

ブログを書く

お手洗いの掃除


書き出してみて、仮にその日の私の持ち時間は1時間としたら、1時間で何ができるかな?とできるレベルに落として考えます。


慣れるまでは、タスクを書くこと、また所要時間もメモするのに時間を使って良いと思いますよ。



書き出したものをみてできるものを絞り、そしてタスクをこなし、終わったものは消していくのです。


何回かやっていくうちに、頭の中に所要時間が入り、書かずに感覚で組み立てられるようになって来るかと思います。



この時一緒に組み合わせられるものは組み合わせていきます。


例えば私の好きな「スイッチを押せば機械がやってくれる系の家事(洗濯・炊飯など)」については、どれを先にやると一緒に終われるかな?と合わせていきます。

お風呂に入ったらそのままお風呂掃除をしようとか、まず洗濯機のスイッチを押してから掃除機をかけようとか。


多くの方は自然にやっていらっしゃると思いますが、これぞ家事の効率化ですよね。

そして当たり前と思うことも、あえてそこを自分で褒めると気分が良いです!

やることがありすぎて終われないという日もありますが、そんな時こそタスクを絞るか、時間内で終わらせるレベルでやるのです。

<最終的に自分自身もアップデートできるように>

もう1つ、家事をする時には自分自身もクリーンアップするようなタスクも入れています。

歯ブラシ

髪の毛をとかす

メイクする

日記を書く

フェイスマスクをする

家事が終わった時自分も部屋も何かアップデートされたと思えるものを設定しておくと 部屋も自分も整った気持ちで満たされるのでおすすめです。




<家事はハウスキーピングの名の通り>

家事は英語でハウスキーピング。その時で終わらず日々続くものだからこそ、楽しくできたら何よりじゃないですか?



終わった後は是非達成感で胸いっぱいにしましょう。


そしてもう一度、時間内で終わらせられることを、終わらせられるレベルに下げること。この時間でやったわ!という気持ちに幸せを感じられたらそれで最高と思っています。